アーユルヴェーダのトリートメントには

トリートメントに期待できる効果

心がリラックスし、身体のバランスが整い、精神的に若返る効果が期待できます。
皮膚から浸透したオイルは5分で骨髄にまで到達すると言われ、体の中に溜まった毒素を溶かし出し
外に排出しやすくすると考えられています。トリートメントを継続することで、リラックス効果や
質の高い睡眠、冷え性、浮腫みの改善、代謝アップなどに繋がります。

ボディートリートメントの種類

ボディートリートメントの種類には、Abhyanga(アヴィヤンガ)、Taila Vimardana(タイラヴィマルダナ)、Sambahana(サンバーハナ)、Udgarsasa(ウッドガルシャナ)などの種類があります。
日本で広まっているアーユルヴェーダマッサージは「アヴィヤンガ」という手法で、 皮膚表面に
たっぷりのオイルを浸透させていくトリートメントです。
これはアーユルヴェーダの治療の過程で、大量のオイルを身体に浸透させることで、乱れたドーシャ
(エネルギー)のバランスを整えて、老廃物を体の外に出す準備をするためのものです。
インドやスリランカではアーユルヴェーダのトリートメントは本格的な治療(パンチャカルマ)の
前処置として行われています。

トリートメントの手技

当サロンでは、アヴィヤンガよりもリラクゼーション効果がより高い「タイラヴィマルダナ」の手技で
施術を行います。「タイラヴィマルダナ」は、5つの手法があります。

タイラヴィマルダナの5つの手技

1.Tadana ターダナ(たたく)
バイブレーションを与えて身体の緊張と表層部の筋肉をほぐしていきます。

2.Mardana マルダナ(つく)
指の腹を使って筋肉の奥の深層部の組織にバイブレーションと刺激を与えていきます。

3.Garshana ガルシャナ(こする)
ハーバルオイルを体にすり込むことで浸透させていきます。体温を上げたり、血液、リンパの流れを促します。

4.Pdana ピーダナ(にぎる)
手の平で筋肉を持ち上げるように握ることで、筋肉やリンパに溜まって入る老廃物や
  疲労物質を排出させていきます。

5.Mrdu sparsana ムルデュスパルシャナ(鎮静)
エネルギーを流してトリートメントしたところを鎮静させます。

タイラヴィマルダナに期待できる効果

身体を癒すだけでなく、身体の中に溜まった老廃物の排出を促し、血液やリンパの流れをスムーズにすることで、新陳代謝の活性化させます。また、良質のハーバルオイル使用することで身体に栄養を与え、若返り効果が期待できるトリートメントとなっております。
mrduで使用しているハーバルオイルは、セサミオイルをベースに様々な薬草を配合したスリランカ原産の高品質薬用ハーブオイルです。セサミオイルには抗酸化作用の高いセサミノールが多く含まれているため、若返り効果が期待できます。オイルごとに、異なるハーブを配合しているので、体質ごと、体調ごとに、おひとりお一人に合ったオイルでトリートメントをお受けいただけます。

関連記事

PAGE TOP