アーユルヴェーダトリートメントで使用するオイル

オイルの品質の重要性

アーユルヴェーダのトリートメントでは、使用するオイルの質をとても大切にしています。
オイルは皮膚から吸収され、約5分で骨髄にまで到達するとされています。
良いオイルは身体の中に溜まった毒素を溶かし出し、身体に栄養を与えていきます。逆に質の悪いオイルは身体の中に毒素として残り、消化されずらくなるので質の良いオイルを使用することがとても大切です。

トリートメントオイルの成分は、

オイルのベースはごま油です。
ごま油を一定の温度でキュアリングするとごま油の成分であるセサミノールがセサモールに変化し、抗酸化作用の高いオイルなります。ごま油には、長寿、若返り、体を強くする、免疫力を高める、栄養を与える、喜ばせる、精力をよくする、記憶力をよくする、皮膚の状態をよくするなどの効果が期待できます。
ごま油をベースに体質、症状に応じて様々なハーブを加えて長時間かけてゆっくりと効能を引き出しながら作られたのが薬草100%の天然ハーバルオイルです。

mrdu (ムルドゥ)で使用しているオイルは、

スリランカのアーユルヴェーダスパや診療所で使用されている最高級オイルです。
スリランカは5000年もの歴史を持つアーユルヴェーダを継承している国であり、ハーブの宝庫と言われ、スリランカでしか自制しない植物の根・茎・葉・樹皮・実などからオイルが作られています。
アーユルヴェーダのハーバルオイルでトリートメントすることにより、オイルに凝縮された植物の力を皮膚から真皮、骨髄へと浸透させていきます。

使用しているオイルの種類

🌿 Narayana Taila (ナーラヤナ タイラ)

作用:ワータ、ピッタの鎮静
Main Harbs: Satavari、Asvagandaha、Bala、Dasamula
効果・特徴
・26種もの薬草を含み、細胞へ栄養を与えます。
・身体の中の詰まりをとりストレスや疲れ、身体の痛み(肩こり、腰痛、座骨神経痛、老人性関節炎など)を和らげます。

🌿 Shidhartha Taila (シッダールタ タイラ)

作用:ワータ、カパの鎮静
Main Harbs:Satavari、Asvagandaha、Bala
効果・特徴
・からし油が入っているのが特徴です。
・温める効果が高く、痛み(腰痛、筋肉痛、関節痛など)や冷え性、むくみのある方におすすめです。

🌿 Triphala Taila (トリパラー タイラ)

作用: ピッタ、カパの鎮静
Main Harbs:Haritaki、Vibhitaki、Amalaki
効果・特徴
・若返り効果のある3種の植物の実が入っているのが特徴です。
・アンチエイジング効果やストレスを回復、デトックス効果があります。
・代謝を活性化して脂肪燃焼を促します。 

🌿 Asvagandha Taila (アシュワガンダ タイラ)

Main Harbs:Asvagandaha
作用:ワータの鎮静
効果・特徴
・若返り、滋養強壮作用が強く、元気を与えます。
・ストレスを緩和し、神経を鎮静させリラックスを促します。
・老人性関節炎、筋肉痛、血行不良、不安症、不眠症の緩和に適しています。
 また皮膚に栄養と弾力を与え、肌の乾燥を防ぎます。

🌿 Kshirabala Taila (クシーラバラー タイラ)

Main Harbs:Bala
作用: ワータ、ピッタの鎮静
効果・特徴
・身体全体の組織に栄養を与え、筋肉や関節の動きを活性化させる効果があります。
・女性ホルモンのバランスを良くし、若返りを促します。
・不妊症や妊婦のトリートメントにも適しています。

🌿 Bhringamalaka Taila (ブルンガマラカ タイラ)

Main Harbs:Bhringraj
作用:ワータ、ピッタの鎮静
効果・特徴
・頭のマッサージに使用します。
・眼精疲労を和らげ、頭皮に栄養を与え、育毛を促します。 

関連記事

PAGE TOP